ダイエットサプリ健康被害の詳細説明

ガルニシアによる健康被害

多くのダイエットサプリでも定番として配合されている有効成分の1つであるガルニシアは、空腹感を抑制し食欲をコントロールする効果や、体内の脂質の吸収を抑制する効果で広く知られています。

食欲を抑制する効果のあるサプリは全般的に副作用が多く報告されていますが、その中でもガルニシアは、過剰摂取によって引き起こされる様々な健康被害が報告されています。

深刻な健康被害としては、精子量の減退による精巣障害が報告されています。

また、女性が妊娠や授乳をしている期間にガルニシアを摂取することは、赤ちゃんへの影響を及ぼすので危険とされていますので、これらの期間でのガルニシアの摂取は控えるようにしましょう。

αリポ酸による健康被害

多くのダイエットサプリでも定番として配合されている有効成分の1つであるαリポ酸は、抗酸化作用によるアンチエイジング効果や糖質分解や脂肪燃焼効果を促進させる効果などで広く知られています。

このαリポ酸の過剰摂取によって引き起こされる低血糖障害による健康被害も多く報告されています。

αリポ酸の過剰摂取によって低血糖障害が発生しますと、動悸や震え、筋肉の軽い痙攣症状が引き起こされます。

1日の推奨量を超えない限りこのような健康障害は極めて起こりづらいとされていますが、1日あたりの最適な摂取量は体格や体質などによる個人差もありますので、1日の推奨量を超えない範囲で自分にあった摂取量を服用するようにしましょう>。

メリロートによる健康被害

むくみ解消効果のあるダイエットサプリに配合されていることの多い有効成分の1つであるメリロートは、血管の拡張作用をもつマメ科のハーブです。

血流を促進しますのでむくみの解消や代謝の向上効果を促進します。

しかし、このメリロートの過剰摂取によって引き起こされる肝機能障害による健康被害も多く報告されています。

また、心臓疾患などのある方が血圧を下げる薬や血液をサラサラにする薬などと併用することで死を招く危険性もあります。

メリローと自体は天然由来のハーブですが、飲みあわせや適切ではない摂取の仕方によって、深刻な健康被害を引き起こしますので摂取の際には注意が必要な有効成分の1つです>。


次の記事をチェックする → 海外通販で個人輸入する際の安全なダイエットサプリの選び方

HOME 基礎知識 効果 危険性と副作用 脂肪太り 水太り