ダイエットサプリ飲み合わせの説明

コエンザイムQ10とカプサイシン

ダイエットサプリは健康食品の扱いを受けていますのでサプリとサプリの飲みあわせで危険を及ぼすことは非常に稀となっていますが、飲み合わせによっては、その効果を相殺し合って効果が半減してしまうものもあります。

その例として有名なのが、コエンザイムQ10とカプサイシンです。

どちらも脂肪燃焼効果の高いダイエット有効成分として有名ですが、同時に飲みますと両者が脂肪燃焼を奪い合って効果を相殺してしまいます。

できるだけ多くの脂肪燃焼効果を実感するためには、摂取する際に、どちらか1つを選択して摂取を行う必要があります。

キトサンとDHA

キトサンは不溶性植物繊維の1つに由来していますので、その多くが繊維質で構成されています。

一方、DHAは油脂から生成された栄養素です。

どちらもコレステロール値を下げるなどのダイエット効果もある有効成分としてダイエットサプリにも配合されています。

しかし、この2つの有効成分を同時に飲みますと、キトサンの繊維質によりDHAは吸収できずにお互いを相殺しあいます。

両方を摂取する必要がある際には、この相殺を避けるために時間を空けて別々に摂取するようにする必要があります。

ビタミン類の飲み合わせによる過剰摂取

サプリは薬ではありませんが、稀に飲み合わせによって同様の成分や類似成分の過剰摂取を引き起こしてしまうこともあります。

この例として、ビタミン類の過剰摂取が挙げられます。

ビタミンAやビタミンDに対して他のサプリに配合されているビタミン類やマルチビタミン剤などを飲み合わせますと、ビタミン類の過剰摂取による副作用を引き起こすことが多くあります。

ビタミンの中には取り過ぎてしまうと排尿などによって体外へ排出されるものと、排出されることなく体内で蓄積されてしまうものがあります。

蓄積されてしまうビタミン類は、過剰摂取をしますと副作用を発生します。

複数のビタミン類を摂取している方は、1日のビタミンの服用合計量をしっかり把握しておく必要があります。


関連記事を読む 》 ダイエットサプリの健康被害をチェック

HOME 基礎知識 効果 危険性と副作用 脂肪太り 水太り